~夏詣~

日本の新しい風習


東金山武古社寺めぐりでは、7/5(金)~7/7(日)(※2)にかけて3日間、七夕詣~夏詣~を行います。

期間中、御朱印をお受けになった方には、下記写真のような“はさみ紙”を授与いたします。

大勢のお参りをお待ちしております。

詳細は下記の通りとなります。


夏詣とは?(https://natsumoude.jp/ )

我々日本人は大晦日に
「年越しの大祓」で一年の罪穢れを祓い清め、
翌日の元日は新しい年に始まりとして、
その年の平穏を願い神社・仏閣に詣でる「初詣」を行います。

その始まりから六ヶ月、
同じく罪穢れを祓い清める「夏越しの大祓」を経て、
過ぎし半年の無事を感謝し来る
半年の更なる平穏を願うべく、
年の半分の節目として、
七月一日以降にも神社・仏閣に詣でます。

この新たな習慣を「夏詣」と称して、
我が国の守り伝えるべき風習となるよう、
共に育てていきたいと思います。