天平三年(七三一)に行基菩薩が不動明王を安置して開いた、と伝えられる真言宗の古刹。

通称「浪切不動院」として親しまれている。

全国的に緒珍しい懸崖造りの本堂は江戸時代初期に建てられた。