承安元年(1171)に創建されたと伝えられる古社で、かつての武射郡(山武郡北部)の惣社(そうじゃ)です。

江戸時代中期建立とされる社殿(県文化財)は華麗な彫刻で飾られ県内随一と称される、「十二面神楽」(写真)は市の無形文化財に指定されています。


壮大な眺望を誇る九十九里浜からほど近く、初日の出を拝んだ後に参詣される方も多いです。