関東管領上杉家の重臣で上総国の守護代を務めた埴谷氏により南北朝時代に建立されました。

しだれ桜の名所としても名高く、創建当時の仏像群は市指定文化財。

多くの高僧を輩出、とりわけ日親上人は京都本法寺の創建者で、数々の法難を乗り越えた傑僧として信仰されています。