後醍醐天皇皇子護良親王の没後、上総へ逃れた御息女華蔵姫(円教大姉)を開基とし、東光院日顕上人の教化により応永24年(1417)創建されたと伝えられます。

珍しい地名は「宮家の子」に由来するとか...。広い境内に伽藍が立ち並び、山門の仁王尊像は子育ての御利益で有名です。