江戸前期、寛文9年(1669)日禅師により当地に建立されました。

師は埴谷地区の出身で、江戸有数の大寺碑文谷法華寺の住持。

師の活躍により不受不施派弾圧で衰退した当地の日蓮宗団は法灯を守りました。

その日禅師が植えたとされるしだれ桜(市天然記念物)が境内を彩り、そびえる杉の大木が古刹の面影を伝えています。